本調子ならず

熱は下がったものの、咳は止まらないし痰は出るし、謎の頭痛が収まらない。
インフル以外にも肺炎に罹ってたりするのかなあ?

Monster Hunter World: Iceborne

PS4版に遅れること数か月、PC版にもようやくIceborneがお披露目。まずは既存の最強装備がゴミ化するところからスタート。

インフルエンザ

年末年始はインフルエンザで臥せってました。
12/29辺りから酷い寒気と38度の高熱が出て、風邪かと思い2,3日寝てりゃ治るだろと思ってたら、4日連続で熱が下がらないと来たもんだ。自分が高熱出すときにありがちなのが水分不足なので、こまめに水分補給をするものの汗が全く出ない。下半身は冷やさないように布団の中、上半身は冷やすために布団の外といった変則スタイルで横臥してました。あとね、交感神経系が活性化しまくってるせいで全然眠れない。水飲む → 1時間横になる → 熱さで起きるの繰り返し。さすがにこれは病院行ったほうが良さそう、と思ったのは年明けの1/2。年末年始は普通の病院がお休みなので、市内の当番医に診てもらったらインフルエンザAと診断されました。インフルは5日経過した辺りから快方に向かうらしいので、これから治り始めるでしょうと言われ、解熱鎮痛剤を貰って帰宅。

新年早々なかなか幸先の悪いスタートですが2020年はどうなることやら。

Voicemeeter Banana の設定メモ

PC筐体内部の掃除をするたびに VoiceMeeter Banana の設定が飛んでいるような気がするので、メモっておくことにした。

Windowsの設定
  • コントロールパネルから「サウンド」を開く。
  • 「再生」タブの Voicemeeter Aux Input を「既定の通信デバイス」、Voicemeeter Input を「既定のデバイス」に設定する。
  • 「録音」タブの Voicemeeter Aux Output を「既定の通信デバイス」、Voicemeeter Output を「既定のデバイス」に設定する。
Voicemeeter Bananaの設定
  • Voicemeeter Banana のA1を「WDM:マイク」に設定し、B1とB2をオンにする。
  • Voicemeeter Banana の「Voicemeeter VAIO」にある A1とB1をオンにする。
  • Voicemeeter Banana の「Voicemeeter AUX」にある A1をオンにする。
Discordの設定
  • 入力デバイスを「マイク」に、出力デバイスを「Voicemeeter Aux Input」に設定する。
OBS Studioの設定
  • 設定の「音声」タブにあるデスクトップ音声およびモニタリングデバイスを「VoiceMeeter Input」に設定する。
ゲームの設定
  • オーディオデバイスを「VoiceMeeter Input」に設定する。

Guild Wars 2

youtu.be

最近は WvW のチームコンプが固まってきて良い戦果を挙げてきているので、ギルドメンバーのモチベーションが結構高い。
今のところ FireBrand 2, Scrapper 2,Reaper, Rev, その他といった感じだ。Scrapper の火力と Sneak Gyro からのステルスアタックが極めて有効。

youtu.be

Roaming は Thief の Preparation スキルに注目したネタビルドを1つ作ってみた。Condi Deadeyeのユーティリティ枠を Preparation にしたもの。
タイマンだったら勝率は半分くらい。Condi 対策ばっちりのビルドや Kite が上手いクラスにはお手上げ状態。

Guild Wars 2

12/3 のバランスパッチで NecSignet of Undeath が強化されたので、せっかくだから Full SignetNec ビルドを作ってみることにした。
手持ちの装備は Celestial Armor 一式。これをベースに Hybrid、Condi、Power 3タイプのビルドをそれぞれ試した。

https://youtu.be/aZ17qN6JK90youtu.be

youtu.be

https://youtu.be/uz5CSOyMQogyoutu.be

一応どのビルドでも戦えるものの、1v2とかの状況になるとかなり辛いものがある。
このビルドのキモは、Shroud中でもSignetのパッシブが得られること、CD中のSignetはShroud中に毎秒4%のCD低減を得られることの2つ。
まずSignetをブン投げて、Shroud入ってひたすら1番を連打。Shroudが切れるころにはCDの上がったSignetが再び使えるようになっている。
Signet of Undeathのおかげで3秒ごとに6%のLife Forceが得られるんで、見た目以上に長く持ちこたえられるのもポイント。
ただしこのビルドはCCに滅法弱く、WarのBullChargeからのワンコンボでほぼ死ねる。SpBとかは勝てる見込みなし。

Spire of Sorcery

今のところスキルチェックの仕様はそのままなので、移動魔法と攻撃魔法を主力に各種魔法技能を上げた弟子を育成すれば割と簡単に勝利できるようになった。
というか勝つだけなら探索したり装備を作ったり薬品を調合したりせずに済むのが問題だけど、塔の呪いオプションありだと攻撃による突破がほぼ運頼み(強化装備を作るためのプロパティ持ち素材が見つかるかどうか次第)なんだよなあ。
さてさて、年内にどの程度仕上がってくるでしょうかね。

Dicey Dungeons

ついにウィッチのハードモードをクリアした。その時の装備は青銅の大釜と氷の欠片、魔法の矢。青銅の大釜が偶数、氷の欠片が奇数なのでどっちが出てもすぐ発動できる。 さらに魔法の矢はスロットにはめておくだけで毎ターン自動的に3ダメージ与えてくれる優れもの。3スロット分出すだけで毎ターン9ダメージとか強すぎでしょう。
プレイ時間は92時間。実績コンプしてもまだ遊びたいと思えるゲームはそうそうないぞ。

Spire of Sorcery

「司書」がいるとされる Anomaly は、入口を Golem が守っているので戦闘なり隠密作戦なりで突破する必要がある。
戦闘で突破しようとすると、攻撃魔法でしかダメージを与えられないため高位の攻撃魔法を覚えていない弟子では全く歯が立たない。少なくとも攻撃魔法Lv.5は欲しい。
そして隠密で突破しようとすると、移動魔法Lv.6の弟子さえいればスキルチェックに通るのでとても簡単に通り抜けられる。 さらに Camouflage の呪文を使うとスキルチェックの上限が2下がってさらに成功しやすくなる。
現時点でのビルドで最速勝利するためには移動魔法Lv.4かつCamouflage持ちの慎重派弟子を一人送り込めば良さそうだ。

Dicey Dungeons

実績コンプまであと1つ。ウィッチのハードモード、追加ルールが毎回敵を最大限有利にするものばかり出てきて一向にクリアできる見込みがない。

日本語に対応するとは言っているものの、一向に更新される気配がない。なんとなしに言語フォルダを探してみると、...なんだ、あるじゃん。
こいつをどうやって有効化するのか調べてみたら、(Steam)\steamapps\common\Dicey Dungeons\data\text\locale\supportedlanguages.txt の最終行に ja を追加するだけで言語設定に日本語が表示されるようになった。
日本語対応してないし、まだ買いじゃないよな~って思ってる人は今すぐ買いましょう。